2015年02月18日

増え続けるシカ!

5319sika.jpg
箱罠で捕れた3歳の雄シカ

2月になり、シカが5頭捕れました。
3頭はくくり罠で同日に捕れてびっくりしました。
2頭はイノシシ狙いでかけてある箱罠にシカが、かかってしまいました。
最近は、積雪のため餌不足になり、箱罠のこぬかに一番にシカが寄ってきます。

シカの増加は、甚だしく夜に草野川沿いの田んぼに行くと普通に見られるようになりました。
このあいだ雪が降り、一面が真っ白になった夜には、立派な角の生えた雄シカが道路の中央にいすわり、またそこを過ぎると8頭の群れが道路を横切り、まるで北欧の風景のような感じがしました。

醍醐の集落には谷が3つあり、シカは少なく見積もっても30〜40匹はいるようです。
今日は家の庭の木もシカの届く範囲食い尽くされていました。

シカの解体はイノシシより簡単ですが、これだけ続くと、精神的にも体力的にも疲れてきます。
将来、奈良公園のようにシカがみられるんじゃないかと心配になります。

posted by tatsuya at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

僕も猟師になった!

5311inosisi.jpg
猟師になって、第1号になったイノシシ

千松信也さん著の「僕は猟師になった」という本がありますが、
私もついに、猟師になりました。

もともと、父親がヤマドリ撃ちのハンターで、近年はイノシシを年に何頭かしとめていました。
私は、農舎で、さばかれているイノシシを横目にみていましたが、狩猟には全く興味がない生活を送っていました。

しかし、父親が亡くなって2シーズン、醍醐の山も無放置に近くなり、イノシシ、シカの被害が多くみられるようになりました。
夕暮れには、山から下りてきたイノシシに遭遇することもしばしばで、シカにあっては、もっとです。

田んぼも約半分近く電柵で囲い対処していますが、毎年、何枚かは電柵の合間をぬってきて被害にあいます。
昨年最終の稲刈りした田んぼでは、稲刈り中に3匹のウリ坊が、田んぼの中をいったり、きたりしていました。

駆除を猟友会にまかせたらとういう意見もありますが、猟友会のメンバーも高齢化で、減少はさけられません。

ということで、思い悩んだ末、満を期して、猟師になることを決意しました。

1月で3頭にイノシシを仕留めました。

お肉は、さばいて美味しくいただきます。

つづく・・・




posted by tatsuya at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記